HOME > 整備事業関連情報:整備事業者向け情報 > 自動車整備技術者認定資格制度:資格取得要件
自動車整備技術者認定資格制度
資格取得要件

自動車整備技術者認定資格制度

認定資格の取得要件


整備技術コンサルタント
一級自動車整備士技能検定合格者のうち、新規申請者は1~4、更新者は1及び3の要件を満たす者。
1. 認証工場(整振の会員工場)に勤務する者
2. 実務経験3年以上
実務経験を有しない者は一級整備士取得後3年以上の実務経験を必要とする。
3. 自動車運転免許証が有効であること
・取消・停止等の失効状態不可。
4. 整備技術コンサルタント認定資格教習修了者
教習はオアシス事業、倫理綱領等について3時間以上、自動車新技術等について6時間以上の教習を実施する。ただし、整備主任者技術研修(認定機関を含む。)を継続受講(今年度又は前年度)している者は当該自動車新技術等の教習を免除する。


整備技術スーパーアドバイザー
二級自動車整備士技能検定合格者(二級自動車シャシ整備士を除く。)のうち、新規申請者は1~5、更新者は1及び3の要件を満たす者。
1. 認証工場(整振の会員工場)に勤務する者
2. 実務経験3年以上
実務経験を有しない者は二級整備士取得後3年以上の実務経験を必要とする。
3. 自動車運転免許証が有効であること
・取消・停止等の失効状態不可。
4. 整備技術スーパーアドバイザー本教習修了者又は一級整備士養成課程修了者
・本教習は20時間以上の教習を実施する。
5. 整備技術スーパーアドバイザー認定資格教習修了者
・上記コンサルタント(4)の内容に同じ。
なお、両資格とも平成26年6月から更新に係る講習が免除になりました。

前のページへ戻る 認定資格制度「資格倫理綱領」を見る
一般社団法人 日本自動車整備振興会連合会