HOME > 整備事業関連情報:整備事業者向け情報 > スキャンツール活用事業場認定制度
スキャンツール活用事業場認定制度

スキャンツール活用事業場認定制度

新しい認定制度がスタート

はじめに

スキャンツール活用事業場認定制度とは、スキャンツール(※)を活用して整備作業、診断作業の効率化を図ると共に、自動車の電子制御における機能にについて診断できる整備事業場を認定することにより、ユーザーの信頼を獲得することを目的としています。

スキャンツール(外部診断機)とは、車両とコネクタで接続し、車両内のコンピュータと通信を行い、解析及び整備するために使用するツールで、言わばクルマの電子制御状態を「見えるようにする道具」です。

認定の名称

認定の名称は、「コンピュータ・システム診断認定店」です。
スキャンツール活用事業場認定制度「認定の要件」を見る
一般社団法人 日本自動車整備振興会連合会